英語・英会話

アメリカ英語とイギリス英語

こんにちは、Mikanです。

日本は台風の季節到来、蒸し暑さが続いていそうですね。イギリスはすっかり夏の気配が去り、もう半袖では出かけられない気温になっています(涙)

が、7−8月は日本と同じでイギリスもホリデーシーズン!図書館やコミュニティーセンター、ショッピングモールなどではいつも以上に子供達の姿が見かけられ、長期休暇をとるパパ達も多い時期です。

というわけで、私もしばらくのんびり更新になってしまうと思いますが、ご了承くださいませ^^

f:id:minabritish:20170721170135j:plain
さて、今回は「アメリカ英語とイギリス英語」についてなのですが、まずは先日マンツーマンの先生から教わった一文を見ていただきましょう!
“ Have you got your haircut ? “(髪、切った?)
この文章、皆さんは違和感感じませんか?
私はノートに書き取りながら、むむ?と思って先生に聞いてみました。
“ Have you gotten your haircut ? “ が正しいんじゃないですか?
すると、
Ah~ it’s interesting ! “gotten” is American English !! 
と言われたのです。
私、”get” の活用は、get, got, gotten と記憶していたのですが、
イギリス英語では get, got, got になるそうです。
うーん、活用が違うなんて驚きました!

アメリカ英語とイギリス英語、何が違う?

私たち日本人は、学校で習う英語はアメリカ英語ですが、アメリカ英語の知識を持った上でイギリスに来てみると、あれ?と思うことがたまにあります。
例えば、私が気づいたのはこちら。

アメリカ英語 / イギリス英語

色: color / colour
中央: center / centre
劇場: theater / theatre
エレベーター: elevator / lift
列: line / que
お会計: check / bill
テイクアウト: take out  / take away
セーター: sweater / jumper
フライドポテト: french fries / chips
ポテトチップス: potato chips  / crisps
お手洗い: restroom  / toilet or lavatory
(表の作り方がわからず、見づらくて申し訳ないです><)
こうして見てみると、アメリカ英語の方で覚えているな〜と感じます。
お会計の時に、”Bill please.”はよく使うのでぜひ覚えておいてくださいね!うちの旦那さんは渡英して来たばかりの頃に、意気揚々と”BIll please!” と言ったらビールが出て来たと言っていたので、発音には十分ご注意を(笑)
英語はイギリスが発祥の言語で、のちにアメリカに渡ったわけですが、このように異なる側面が見えてくるのも面白いですよね。(学習者としては非常にややこしいですが笑)
最後までお読みいただきありがとうございます。
Mikan
f:id:minabritish:20170719234508j:plain にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
こちらの記事もおすすめ!